武藤圭太郎のBLOG

岐阜・愛知を中心に活動する建築家 武藤圭太郎のブログ

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

Mt.Fuji 

2011/08/18
Thu. 23:18

お盆休みに人生二度目の富士山へ。

前回は4年前、富士宮口から。

今回は川口湖側の吉田口から登る。

DSC00927.jpg

5合目までは、車やバスで行く事ができ、
そこからはいよいよ登りだす。

最初は空気が薄く、少し登っただけで体がきつくなってくるけど、
登っているうちに徐々に体が慣れてくる。

酸素缶も必要ない。
人間の体が、数時間もすればその環境に少しずつ順応していく。
これは、すごい事だと思う。

DSC00931.jpg

これは7合目付近。

16時半頃から登り始めたので、少しずつ暗くなっていく。

DSC00942.jpg


DSC00957.jpg

だんだん緑も少なくなっていく。
植物も生きられない程、過酷な環境なのだろう。

見た事の無い様な花が岩から顔を出して強かでとても美しく、
岩場や溶岩の痕らしい地面がそのまま荒々しく見えていて、それも迫力がある。

DSC00993.jpg


DSC00984.jpg

8合目。

月が真横に見え、写真には映らないけど星がとても近い。
夜空と地上の間にいる様な気持ちになる。

夜になって、いったん仮眠をとる。
といっても前回と同じく、想像を超えた雑魚寝につき、やはり寝れず、、、

そのまま午前1時に頂上へ向かう。

DSC01047.jpg

サンライズ前の頂上の風景。
お盆時期だったので無茶苦茶混んでたけど、大勢の人たちが山頂にいる風景も
なんか壮大で良い。
雲の上に地上とは違う国が有る様な、そんな雰囲気。

それにしても寒い!!
この日は風がとても強かったので、真冬の様な感じでした。

DSC01036.jpg


DSC01068.jpg

DSC01079.jpg

そしてサンライズ。

日本で一番、天国の様な雰囲気を持った場所だと思う。

登りきった達成感も相俟って何度見ても感動する。


DSC01093.jpg


そして、雲の下の世界へ下っていく。

今回は登りより、下りが過酷できつかった、、、
やっぱり、登る方がきつい方がなんでもいいですよね。

前回登った時は、もう二度と登らない!と思っていましたが、
今回登って、また行きたいと思う様になりました。

不思議なものです。

皆様も是非。


良いお盆休みを頂きました。



武藤圭太郎





スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mutoarchi.blog48.fc2.com/tb.php/58-557b4abb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。