武藤圭太郎のBLOG

岐阜・愛知を中心に活動する建築家 武藤圭太郎のブログ

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

賀正 

2011/01/06
Thu. 13:45

明けましておめでとうございます。

今年も一年、
前へ前へ、
外へ外へ、
進んで行きたいと思います。


今年も、宜しくお願いします。



武藤圭太郎
武藤圭太郎建築設計事務所
HPはコチラ



昨年末に岐阜新聞に掲載されたコラムです。

写真の人の人相が悪いのは、お許し下さい!

11010601-2.jpg


先日岐阜駅前で行われた、「ギフレク」というイベントで、
「らいふくれよん」は「丘の家」の巨大な模型を造って出展した。

子供たちは丘の上に上がろうとしたり、芝生や丸くなっている部分を触ろうとしたり、
天井が低いところで寝そべったり無邪気に遊び回っている。

「模型」は大きいから「空間」にはなっているけれど、
通常の住宅の様に「リビング」や「寝室」などの機能は何も無い。
子供たちはその中で、「場所」や「モノ」の特徴に反応し、いろんな発見をして、行動をしている。

とても無邪気に、純粋に。


僕は住宅をつくる事は「リビング」とか「寝室」とかの「機能」よりも先立って「居場所」や「居心地」を設計する事だと考えている。

もちろん生活する上での機能を満足させなければいけないのは当たり前の事だけど、
「部屋名」は誰かが便宜的に名付けた記号みたいなものだ。

当然、家にいる時に「くつろぐ(=リビング)」、「寝る(=寝室)」、とか「風呂に入る(=浴室)」という行動しかしない訳ではない。その記号に行為が縛り付けられるのではなく、「心地よい」とか、「何かをしたくなる」ことにこそ、生活をより豊かにする本質があると思う。


公園の芝生や砂浜には「機能」は無いけれど、沢山の「居場所」が満ち溢(あふ)れている。
起伏があればそこに寝そべったり、
座ってご飯を食べたり、
砂浜には少しの傾斜がある事でみんなが海の方に向かっている。


そこには「人」と「場所」とのコミュニケーションが存在している。


「機能」を超えて、純粋に「モノ」や「風景」や「場所」に対峙(たいじ)でき、感性を刺激する。
それぞれの人にお気に入りの居場所が発見できるような、
そんな楽しい住宅のあり方を考えていきたいと思っている。


 (らいふくれよん岐阜グループ・武藤圭太郎建築設計事務所=岐阜市=代表・武藤圭太郎)




スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mutoarchi.blog48.fc2.com/tb.php/30-44bbeac4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。